会社概要

社名 リレーションズ株式会社
代表取締役 代表取締役 吉澤 勉
所在地 東京都八王子市大横町3番19号
事業所 東京都八王子市下恩方町308-16 アグリネット2階
設立 平成22年3月19日
営業種目 6次産業化連携事業、養液栽培・植物工場等施設園芸に関する業務、環境・食農分野の設備・機器、理化学機器等の販売、防災関連アイテムの販売

代表挨拶

現代の社会問題(環境問題、食料自給率向上、農林業等一次産業の復興等)解決を事業で寄与し、これからの21世紀の経済発展につなげたいと考えております。企業における『義』即ちCSR(企業の社会的責任)について私が思ったことがあります。大企業にとってそれは企業イメージの向上、一般消費者や投資家を意識したPR効果にもつながる活動になりますが、中小企業にとってのCSR活動はそのような側面効果は期待薄と感じられます。しかしこれからの日本の経済成長を支える中小企業にはイノベーション創出、新事業促進などが叫ばれているが、そのシーズには社会問題解決がテーマになる事が多いと思います。

CSRの観点からいうと中小企業は事業性を以ってあらゆる社会問題と向き合い、解決に導くような技術、製品、サービスの開発にその存在価値が見出されると思います。それらは中小企業の行うべき正しい道であり、中小企業における『義』であると思います。

そこでその開発された製品やサービスを市場とマッチングさせ、事業を成功させるには『義』と『連携』ということがキーワードであると思います。江戸・明治期に実を成し栄えた商人(某大手百貨店の創業者や、近江商人など)の理念に、商売は義を先にして利は後にせよ(先義後利栄)という教えがあり、この「義を先にして利は後にせよ」がこれからの21世紀における新事業展開の仕方だと思います。そして新事業を推進していくうえで必要不可欠なもうひとつのキーワードが『連携』です。『義』と『連携』、先義後利栄を理念にもつ近江商人はこれまた、買い手によし、売り手によし、社会によし、すなわち「三方よし」といった商売精神があり、栄えたと聞きます。現代でいうとサスティナビリティな販売システム、これからの中小企業経営、新事業促進に必要な「三方よし」を成立させるのは『連携』であり『義』であると私は思います。新産業の創出を目指し実践する為、今後も邁進していきます。

アクセスマップ

Top